Home ArrangeRecipe >> ぱりっ!とろっ!シルクスイートで簡単🍠芋ブリュレを作ろう

EATOWNで販売している、むさしの自然農場「おいもやき シルクスイート」商品を使って簡単に作れるスイーツレシピを紹介します。そのまま食べても美味しいシルクスイートをブリュレ風にアレンジ。電子レンジで簡単につくれるカスタードと組み合わせることで、カフェで出てくるようなスイーツが簡単に作れてしまいます。


ねっと〜り、しっとり絹のようになめらかな食感シルクスイートでおうちカフェ気分を味わってみてはいかがでしょうか。もちろん、どんな焼き芋でも作れます。






 

材料

<カスタードクリーム> ※作りやすい分量

卵黄 1個

牛乳 140cc

砂糖 25g

薄力粉 10g

あればバニラオイル 少々


<ブリュレ>

カスタードクリーム 50g

砂糖 適量

冷凍シルクスイート ※お好みで他の焼き芋を使用してもOK!




<必要な器具>

電子レンジ

バーナー




所用時間:10分


準備:冷凍シルクスイートを冷蔵庫で解凍する。


 

作り方

■ 作り方:電子レンジで簡単!カスタードクリーム


1. 卵黄と砂糖を泡立て器ですり混ぜる。

  白っぽくなってきたら、振るった小麦粉を加え、よく混ぜる。


2. 牛乳を少しずつ加えて都度よく混ぜて均一に伸ばし、全量加える。

  お好みでバニラエッセンスまたはオイルを加える。


3. 耐熱のボウルにふんわりとラップをかけて、電子レンジ600wで30秒ずつかけ、

  取り出して泡立て器でよく混ぜる。最初はさらさらの状態だが、

  これを3〜4回繰り返すとだんだん固まってくる。とろみが出てきたら15〜20秒で

  取り出してかき混ぜ、これを6回ほど繰り返す。後半の2回はラップを外して行う。


4. 弾力が出たら完成。バットにラップをしいて、カスタードを流しいれる。

  ラップで包んで、保冷剤を上に乗せ、冷蔵庫で1時間以上冷やす。


5. プルプルに固まったら、完成。

  使う分だけボウルに取り出し、泡立て器でほぐしまぜてソース状にして使う。



■ 作り方:芋ブリュレ


1. シルクスイートを縦半分にカットする。


2. カスタードを適量もりつけます。


3. 砂糖を適量ふりかけ、バーナーであぶって砂糖を溶かしキャラメル色にします。


4. 焦げ目がついてきたら、さらに砂糖をふりかけあぶります。

一気に仕上げず、数回に分けることでパリパリ食感に!


5. お好みでナッツやアイスクリームをトッピングして完成。



👇ブリュレの作り方は動画でもご覧いただけます。































冷凍焼き芋を使って作る簡単芋ブリュレ、ぜひおうちで試してみてください。



 
商品紹介

むさしの自然農場 「おいもやき シルクスイート」


むさしの自然農場は江戸時代より320年以上続く、さつまいも


農家。埼玉県三芳町上富地区の中心を通る通称「いも街道」沿いに、数百年前と変わらぬ自然と畑風景が広がります。 代々続く落ち葉堆肥により育まれたさつまいもの「味」。この「味」を受け継ぎ、より多くの方が食し楽しんでいただけることをおもい、さつまいもを作り続けています。


冷凍焼き芋の「おいもやき シルクスイート」は温度と湿度を管理しながら熟成させた自家栽培のさつまいもを、じっくりと時間をかけて焼き上げることで最大限に甘さと旨みを引き出しました。シルクスイートのコクのある甘さ、絹のような滑らかな食感は、うっとりする美味しさ。 オーブンで温めて焼きたての香ばしい焼き芋のように、または、半解凍して冷たいジェラートのように、お好みに合わせてお召し上がりください。



おいもやき

シルクスイート 1kg

(3〜4本)


¥2,700円 (税込)















閲覧数:23回

最新記事

すべて表示

EATOWNでは、ギフトにも喜ばれる商品が盛り沢山。贈り物として選んで頂くお客様も増えている今、ちょっぴり特別感をプラスしてくれるパッケージをご用意しました◎ なかなか普段会えない、ご家族、ご友人、お世話になっている方へ。 さまざまなシーンに合わせて選べるオリジナルの熨斗を付けてお届けします。 今回は、ギフトにおすすめなキャッチーなバージョン4種類をご紹介。 フォーマルなシーンにもお使い頂ける定番